和栗部長編

私を育てた伊藤ハムの男たち

東北営業部に東京営業一課出身の都会センスを備えた和栗さんが東北営業部長で赴任してきた。当時、私は広い東北六県を夜討ち朝駆けで走り回っていたが最繁忙期の年末商戦前に持病を患い長期入院、会社の最重要営業時期を離脱した責任を問われ営業の最前線を外され営業一課に転属した。和栗部長の下、営業一課で伊藤ハムの事業基盤である商品政策、営業政策という「基本のき」を仕込まれたことで、後々まで海千山千の営業部門で幹部として生き延びることができました。そういう意味では和栗部長は私に再生転機を促した重要な一人と深感しています。

第1話 東京営業一課研修「初めてだからしゃーないか」と屈辱的な慰め言葉を受ける。

東京営業部に営業一課の神様がいるから研修して来いと言われ、昔から伊藤ハムは生産部で成り立っている会社と認識していたので、「たいした仕事はしていないだろう」となめてかかったのが大失敗、目黒事務所の営業一課に伺う。言葉少ない愛想のないおっちゃんが「東北地域の日本ハムとのシェア競争状態は、営業部の商品政策と営業実績、東北工場の生産実績と工場成績は」事こまめな質問攻めにあい、まともな回答を一つも出せず、水入りのバケツを持って針の山に立たせられているような地獄の時間を過ごした。帰りがけ「初めてだからしゃーないか」と屈辱的な慰めの言葉を浴びせられふてくされて帰路に着いた。…営業一課長は営業に対しては「何をどれだけ、誰がいつどこに販売するのか」という明確な方針、方策を示し販売最前線における営業部隊の士気を高めながら、工場に対しては「何をどれだけ、いつ生産してどう営業前線に供給するのか」という兵站能力を兼ね備えなければならない(理数系低能力の私では絶対無理な仕事です)。ちなみに血反吐を吐いたら一人前の営業一課長だと誰かに言われた記憶がある、それだけ強い使命感を持ち責任感と義務感に追われる立場なんだろうと自問自覚していた。

つづく

コメント

タイトルとURLをコピーしました